*

ベビーグッズ

アフタヌーンティーのおしりふきのフタと麺切ハサミは大活躍した育児グッズ!

無くても大丈夫だけど、あると便利と思ったものを紹介したいと思います

 

1つ目は、おしりふきのフタ。

 

 

おしりふきといえばシールのフタをペラペラとめくって使用したい分だけ取って使い終わったらシール部分を再び貼り直しながらフタをします。

 

ですが、何度もめくって使用したい分を取って、貼ってフタをしてを繰り返すとシール部分の粘着が弱まってきたり、子供がいたずらをしてシールのフタ部分をすべて取っていまい、フタがなくなってしまったりと何かとトラブルがつきものでした。

 

 

そんな時、出産祝いで雑貨ブランド、アフタヌーンティーのおしりふきのフタをいただきました。

 

上の子の時はそんなものがあるとは知らずに、下の子の出産祝いで初めてお目にかかりました。

 

 

使用してみると、ペラペラはがして開けるシールタイプのフタとは違い、パカッと片手で簡単に開けることができます。

 

使用後は出しすぎたおしりふきを突っ込みながら押し戻し、シールのフタを綺麗に貼って中が乾燥しないようかたずけていたのが、片手でパチッとフタをすればかたずけ終わりです。

 

 

別になくても困りはしませんが、あると毎回のおむつ替えがほんの少し手間が省け楽になります。

 

1日に何回も使用するものだからこそ、あると非常に役立ちます。

 

 

 

2つ目は、離乳食時に役立つ麺切ハサミ。

 

こちらは上の子の離乳食も終わり、外食でも大人と同じものが食べられるようになってから購入したものです。

 

 

外食時、上の子はパスタやうどんの麺類が好きだったので注文することが多かったのですが、お店のものは当然子供サイズに麺を細かく切ってくれているわけではなくその都度お箸やフォークで食べやすく切っていました。

 

ですがこの作業が結構面倒でした。

 

 

その様子を見ていた母が赤ちゃん本舗で何か便利なものはないかと探し、麺切ハサミを買ってきてくれました。

 

その後は外食時は必ず持ち歩き麺類を注文した時はハサミでチョキチョキとカットし子供に食べさせていました。

 

 

おしりふきのフタも麺切ハサミもなくても困らないですが、あると非常に便利ですのでお試し下さい。

 

 

 

ベビーベッド 激安